やりながら考えるのでは成長しない?|コラム

陰陽バランス ビジネス

今日のコラムは「やりながら考えるのでは成長しない?」です。
水辺
「準備ができたら始めよう」
「もう少し自信がついたらやってみよう」

と考えるタイプの方は、
陰陽で言うと「陰」の性質です。

「陰」は静、止まる、内側を見つめる、です。

それに対し、
とにかくやってみよう
あまり深く考えずにやってみよう

と考えるタイプの方は
陰陽でいうと「陽」の性質です。

「陽」は、動、進む、外側に向かう、です。

「陰」のタイプの方は、
スピリチュアルを学ぶ方や女性的な方に多くみられます。

「陰」ばかりしていると、ずっと準備をしていて、
なかなか前に進むことができません。

そういう方は、「陽」を取り入れるのがお勧めです。
今できる範囲でいいのでやってみるというように
少しだけ陽を取り入れることでバランスよく前に進むことができます。

そして「陽」のタイプの方は、
現実的な方や男性的な方に多くみられます。

「やりながら考えよう」
「とにかくやってみてから判断しよう」
と言いながらどんどん進んでいきます。
進むと次々とアイデアが浮かび、さらにやりたいことがでてきます。
行動もしているので、現象もどんどんやってきます。

一見順調で良さそうに感じますが、これがちょっと落とし穴です。

その動き方ばかりをしていると「陽」に偏り過ぎてしまうからです。

とても忙しくてそれをやっている時は楽しいのですが、
実はあまり成長していません。

いつも同じ速度なので、見えるものが同じなのです。
いつも同じ速度で判断していると、同じ尺度で決めることになります。

そして、いつも「陽」の状態なので、
選択するものが「陽」ばかりになります。

そうなると、ますます忙しくなって自分を消耗してしまいます。
結局、自分が何がしたかったのかがわからなくなります。

そういう方は「陰」を取り入れるのがお勧めです。

一度立ち止まり長いスパンでじっくり考えてみるという
「陰」を取り入れることで、気持ちが落ち着きます。

自分が「陰」の状態になると「陰」の選択をすることができますので、
今までの速度ではない視点や考え方を取り入れることができます。

そして、その「陰」の選択や経験があなたを大きく成長させます。
人間としての度量を大きくします。

さあ、あなたはどちらのタイプでしょうか。

いずれにしろ、どちらのタイプも、バランスを取ることが大切ですね。


« »