チャネリング曼荼羅カード|コラム

曼荼羅カード

今日のコラムは「チャネリング曼荼羅カード」です。
このカードは、数年前に作ったオリジナルのカードです。

__K201605b

 

カードにもいろいろなものがありますが、
このカードのもっとも大きな特徴は
「エネルギーアート」が使われているということです。

※うさのエネルギーアートの詳細はこちら↓
http://www.floweroflifeart.com/

実は、このエネルギーアートを見ているだけで、
見る人のエネルギーが共鳴し、浄化や癒やしが起こります。

私のオリジナルアートなので、
当然のことながら、他のカードには使われていません。

エネルギーアートでリセットされるので、
本来の直感力や感じる能力が高まる「チャネリング向きのカード」です。

そんな「チャネリング曼荼羅カード」は、
実はこんなメッセージを受けとったことからできました。

ある日、このカードの企画を考えていた私にこんな言葉がやってきました。

「体の痛みは過去のもの」

その言葉にビビっ!と来ました。

そうそう、その通りなのです。
「体の痛み」と言うのは、過去にあったことが蓄積したものが
溢れだして「症状」として現れているもの。
つまり「過去の癒やし」ができていないものが、そこに溜まっているのです。

そこで、「過去」のカードは「癒やし」のカードになりました。
今のあなたは、癒やしが必要な何かがあります、
そして、それを今癒やす準備が出来ましたよ、
というカードからのメッセージです。

そこから「過去」「現在」「未来」という、カードの「時間軸」ができ、
次にそれぞれのゾーンの流れを表す「数字軸」ができました。
これがカードの全体像とそれぞれのカードの位置づけを表す「マトリックス表」になりました。

それが出来てから、27枚のアートを描きながら、
それぞれのカードのメッセージを受け取っていったのです。

「チャネリング曼荼羅カード」は、
まさに「チャネリング」で受け取ったメッセージから生まれました。
「チャネリング」を日常で身近に使っていただけると嬉しいです。

※「チャネリング曼荼羅カード」の使い方を楽しく学べるワークショップを開催しています。
詳細はこちら →http://naturalcluster.jp/course/cardreadercourse/cardworkshop/


« »