幸せな気持ちで眠ると幸せになる|コラム

スピリチュアル 心理学

今日のコラムは「幸せな気持ちで眠ると幸せになる」です。

うさぎ寝る

心理学的には、
私たちは起きている時は顕在意識が働いていますが、
眠ると潜在意識に切り替わると言われます。

スピリチュアル的にも、
寝ている間は魂の故郷に帰り、魂の充電をすると言われます。

魂の故郷とは潜在意識の深い部分です。

その潜在意識の深い部分には「集合意識」があり、
その「集合意識」には自他の区別がなく、皆繋がっています。

宇宙から観た

そのまた深い部分には「神意識」があり、宇宙と繋がっています。

つまり私たち自身の中に「神」がいるということですから、
人間が「小宇宙」と言われるのも頷けますね。

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
皆繋がっているということは、
「潜在意識に主語はない」ということです。

だから、誰かのことを恨んでも、
腹を立てて怒っていても、
それは結局自分にその感情をぶつけているのと同じ、
自分にそのエネルギーが返ってきてしまいます。

それでも、
なかなか感情が手放せないのが人間です。
つい思い出して気持ちが動くこともあるでしょう。

 

そんな時は、
夜眠る前にお勧めなのがこの方法。

 「眠る前に幸せなことを考える」です。

眠る女性

今までに楽しかったことでもいいし、
これからの嬉しいスケジュールでもOK。

でも、せっかくなら
思い切って夢のような想像をしてみませんか?

憧れのあの人がある日あなたの前に現れて・・・とか、
嘘のようなチャンスがやってきて・・・とか、
行きたかったあの場所に行って・・・とか、
子供のような妄想でいいんです(笑)。

幸せな気持ちになることが目的ですから。

そんな幸せな気持ちで眠りにつくと、
潜在意識にアクセスされます。

潜在意識にインプットされた幸せな気持ちは、
あなたの意識を幸せな波動にして、
やがて現象面に現れます。

これは、夢や願望達成の方法の一つでもありますが、
朝目覚めた時の心や体の状態が変わってくるので
質のよい睡眠を取ることにも繋がっているようです。

何と言っても、お金も時間もかかりませんので、
早速今夜からやってみませんか?

あ、ただあんまり妄想しすぎて
興奮して眠れなくならないように( ´艸`)

 


« »