スピリチュアルを学ぶ意味|コラム

スピリチュアル

Solitary Oak and Rainbow

今日のコラムは「スピリチュアルを学ぶ意味」です。

「スピリチュアルを学ぶ」と言うと、チャネリングやリーディング、
又ヒーリングなどのハウツウやスピリチュアル的能力を
アップすると思い勝ちですが、目的はそこにはありません。

チャネリングでメッセージが受け取れても、リーディングが上手くなっても、
素晴らしいヒーリングができても、それは単にテクニックが上がっただけ。

テクニックが上がっても、人生が幸せかどうかというのは別の問題です。

又、テクニックを習得することが目的になってしまうと、
それが出来るようになった時、
スピリチュアルを何のために学んだのかがわからなくなり、
「私っていったい何がしたかったのだろう」と迷います。

人によっていろいろ考え方はありますが、
私は、スピリチュアルは、「幸せな人生をおくるため」に
学ぶものだと考えています。

それで「スピリチュアル」を「スピリチュアル学」としました。


「スピリチュアル」を学問として学ぶことを通して、
自分の人生と向き合い、自分の人生を自分で幸せへと導く
そんな「スピリチュアル学」を目指しています。

スピリチュアルは、「目に見えない世界」のことを勉強する学門ですが、
「目に見えない世界」を知ることは、
同時に「目に見える世界」を知ることにも繋がります。

もう少し正確に言うと、「目に見える世界」がわかっていないと、
「目に見えない世界」の本質を学ぶことはできません。

なぜなら「目に見えない世界」と「目に見える世界」は
別々の世界ではなく同じ世界であり、
私たちは同時に両方に存在しているからです。

それが、ちゃんと腑に落ちると、人生は驚くほど変わります。

ナチュラルクラスターでは、どんな方でも学んでいただけて、
どんな方の人生にも役立つ、
自分のために学ぶ地に足のついた「スピリチュアル学」を
お伝えするためのカリキュラムを提供しています。


« »