心を穏やかにする大切さ|コラム

スピリチュアル

今日のコラムは「心を穏やかにする大切さ」です。

あじさい
心が穏やかな方がいいというのは、
私たちは頭ではわかっています。

でも、日頃の忙しさに振り回され、
ついイライラしたりバタバタしたりで、
気が付いたら今日も終わり・・・
なんて生活になっていますよね。

こういった状態が続くと、交感神経ばかりが働き、
体も心も疲れて「うつ状態」になりやすくなります。

最近特に増えている「うつ病」は、
その人の心が弱いわけではなく、
誰もがなる可能性がある病気です。

では、どうして私たちの生活はこんなに忙しいのでしょうか?

スピリチュアル的にみると、
この世界の時間の流れがどんどん速くなっているから
ということが言えます。

ちょっと前には「ドッグイヤー」と言われ、
1年が7倍の速さになっていると言われました。

ドッグイヤーとは・・・「犬の一年」のこと。

成長の速い犬にとっての1年は人間の7年に相当するという意味。
技術革新など変化の激しいことのたとえ。

ですが、今はそれが「マウスイヤー」と言われ、
18倍の速さになっていると言われています。

つまり、現実的にも、時間の流れは確実に早くなっていて、
それはパソコンの誕生が大きな要因なのだと言われています。
パソコンは、ご存知のように、2進法で「0」と「1」の世界です。

スピリチュアル的には、
「0」は、目に見えない世界、あの世、空(くう)
を現すとされています。

そして「1」は、目に見える世界、この世、
現実のはじまりです。

パソコンを使えば使うほど、IT技術が発達すればするほど、
時間はどんどん加速するように感じるという訳です。

PCで悩む

そういう時代に生きている私たちは、
何もしなくても時間に追われ、ストレスを感じているわけで、
何か対処しないとどんどん状態は悪くなるという傾向があります。

では、その状態をいい状態に保つためには、
どうしたらいいでしょうか?

それには「心を穏やかにする」ことです。

実は、心が穏やかになると「ストレスを感じにくくなる」んです。

体を休めることは必要ですが、
心を休めて穏やかにすると、
驚くほど体も楽になるのがわかります。

そして、心を穏やかにするには「瞑想」がお勧め。

自ら静かな時間を作り、静かな環境で瞑想すると、
いかに私たちが日ごろいろいろな刺激を受けて
頭を働かせているのかに気がつきます。

一日に5分でもいいので、そういった「静かな時間」を過ごすことが、
心を休め充電させていきます。

あなたも「瞑想する習慣」はじめてみませんか?


« »