カードを読むのが上手くなるには|コラム

スピリチュアル

 

 

チャネリング曼荼羅カード
今日のコラム「カードを読むのが上手くなるには」についてです。

弊社オリジナルの「チャネリング曼荼羅カード 」は
お陰様で発売以来ずっと売れ続けロングセラー商品になっています。
たくさんの方にご愛用いただき本当に感謝していますm(_ _ )m

その「チャネリング曼荼羅カード」はもちろんですが、
タロットカード、オラクルカード、セラピーカード・・・と、
世の中にはいろいろなカードが出回っています。

どのカードも、質問を投げかけてカードをひき、
出たカードをリーディングしていくのですが、
このリーディングが人によって読み方がさまざま。

同じカードが出ても、まったく読み方が違ったり、
意味が同じでも読み方の深さが違ったりと、すごく差がでます。

例えば、表面的なリーディングだと、
その現象に対し「当たる」「当たらない」ということが
重視される傾向にあります。

「当たる」か「当たらないか」という視点で見れば、
出たカードはすべて当たっています。

スピリチュアル的にみると、関係ないカードはでないからです。

そうなると、そのカードを上手くリーディングできるかどうか
そして、それをどう伝えることができるかということが、
「上手に読む」ということの重要なポイントになります。

実は、カードリーディングが上手くなるには
あることができるかどうかで変わってきます。

その中の一つが「質問力」です。

どう質問を投げかけるのか?
同じ問題に対しどう質問するのか?

によって、「リーディングのしやすさ」がぐっと変わってきます。

具体的なハウツウについては、講座などでお伝えしていますので、
ここでは簡単に捉え方をお伝えします。

それは、「質問をなるべく具体的にすること」
そして「カードの特性を考慮すること」がポイントです。

質問は具体的なほど、答えも具体的になるので、読み解きしやすくなります。
そして、「カードの特性を考慮する」とは、
カードのメッセージがどういう種類の内容なのかを理解することです。

例えば、あなたがある疑問が起こった時、
誰に聞きますか?どう聞きますか?ということと同じです。

「この人に聞いたらきっと答えてくれる」という人に聞き、
「その人に聞いてもわかんないだろうなあ」という人には聞かないですよね。
カードを選ぶ時もこれと同じです。

又、「この人にはどういう聞き方をするといいかな」
「こういう聞き方をすると答えやすいかな」と聞き方を考えるのが、
カードへ対する質問を考えるのと同じです。

そう捉えると、カードの選び方や質問の仕方がぐっと変わってくるはずです。
よい質問ができれば、半分は解決したと言っていいでしょう。

カードの読み解きは、質問をする段階から始まっているというわけです。

チャネリング曼荼羅カード カードワークショップ
チャネリング曼荼羅カード スキルアップステップ1講座
「過去生のリーディング」名古屋


«